読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ましおの生活観

ましおの生活の中のアレコレを書くだけのやつ。

人間が狂ったときにすること。

考えたこと

おはようございます。こんにちは。こんばんは。東京の狂気的な寒さに震えマクドに避難してるましおです。あなたは人間が狂ったときに何をするか知ってますか?f:id:mashio0376:20161118064645j:image諸説ありますが、小学生の時に読んだ本に書いてあった言葉が忘れられません。

人間が狂ったときにすることは2つに一つ。結婚か自殺だ。

誰が書いた何という本かは思い出せませんが、その言葉が強烈すぎてずっと覚えてます。この言葉をしっかりと覚えてるのは、たぶんウチの親父のことを考えたからだと思います。小さい頃は、なぜうちの親父はオカンと結婚したのか不思議でなりませんでした。(小さい頃は、ですよ。)そんなことを考えてたときに出会った言葉がこれだったので、「親父は23歳のときに1度だけ狂ったんだ」と勝手に認識しました。親父よ、すまん。笑  

今はこの歳になって、必ずしも親父が狂ったわけでもなく結婚してるみんなが狂ったわけではないと思いますが結婚という仕組み自体は常軌を逸してると思います。「赤の他人の人生をお互いにわざわざ背追い込み違反すると法で罰せられることもある作業」なんですから。まぁ、そんな言い方をしなくてもいいかとは思いますが、それでもやはり結婚ってのは勢いが大切というか、狂った気持ちにならないと出来ないもんなんじゃないかなって思ってます。

自分の人生は、だいたいいつだって狂ったような思いつきの行動で生きてきたので結婚は意外と早かったりすんのかなぁと思いながらも好きなことを追っかけてると遅くなる気もするし……狂ったふりして誰か結婚してくれないかなぁ(°▽°)とふわふわ考えたりもします。

狂おしいほどの愛…なんてのは昼ドラっぽくて縁遠いものに感じてますが自分の人生にもそんな瞬間はいつかくるんですかねぇ。いつかはきてほしいなぁ。なんてボヤキつつやっぱり朝7時の東京は寒いです。だれかあっためてくれ…

ほな。