ましおの生活観

ましおの生活の中のアレコレを書くだけのやつ。

プロジェクトの進め方について考察。

おはようございます。こんにちは。こんばんは。プロジェクト屋さんましおです。

f:id:mashio0376:20161107194306j:plain

小学生のころから秘密基地を作ってみたり、部屋に板を買い込んでウォールラックを作ったり、中高ではちゃり旅企画、大学生でもイベント企画や新規サービスの企画立案、日本一周を企てたりとにかくプロジェクトっぽいものが大好きでずーっと何かを企んできました。しかし、いろいろやってみたものの一人か少人数でやる企画は仲良くやれるのに大人数(10人以上)になると途端にうまくいかなくなって楽しくなってしまうなあ、結果を残せてないなあと感じつつここまで来ました。それでも飽き足らず、来年に大きめのイベントプロジェクトに参画しようと息巻いております!!そんな折に、ある生意気娘にアドバイスをいただいて「確かにな~」って強く感じたので、シェアしておこうと思います。

プロジェクトで決めごとをするときは、決め方を先に決めておいた方がいい。

例として、①代表が決定権を持つのか②リーダーたちが決定権を持つのか③総員の多数決で決めるのか④全員が納得するものを決定とするのか みたいなところです。かねがね僕は決定権を持ちたいというか自分の意見を通したいと強く思ってる方なので、プロジェクトに参加して若いうちはいいんですが、そのうち老害キャラへと変貌していきます。にゃーにゃーうるさいなぁと自分でも思いながら意見を言ってしまうところがあります。そうなるとプロジェクトが進みにくいし、閉塞感が出てきます。それを解決するのが、「プロジェクトで決めごとをするときは、決め方を先に決めておいた方がいい。」ということだって今更覚えました。他にも、尊敬する喜多恒介さんがこんなこと言ってました。

「そのプロジェクトにおいて、必ずやることと、絶対にやらないことの2つを決めておく。白と、灰色と、黒の境界線を決めておくことと同義。灰色の領域は、自由にやらせる。」「ゆらぎややぶれによって、その生命体のスペックが総動員され、非連続的な創発が起こる」

喜多さんについて

mycampus.jp

やることとやらないことを決めておく。白黒をつけておく。これは上記の内容にも通じるんじゃないかと思います。組織として、プロジェクトとして正義と悪をしっかり決めておくことで、自由に取り組みやすくなりコミットメントも上がるんじゃないかと。これから参画するプロジェクトで、実践していきたいなぁと思います。あなたの参加してるプロジェクトが停滞してるなぁと感じるならば、「決め方を決める」「絶対やることと絶対やらないこと」を決めてみてはいかがでしょうか?

ほな!