ましおの生活観

ましおの生活の中のアレコレを書くだけのやつ。

夢って軽くていいんじゃないの?

おはようございます。こんにちは。こんばんは。夢見がちましおです。

f:id:mashio0376:20161107204057j:plain最近こんなことがありました。

初対面の人に、いつもの調子で「生きてるっていいな!を作りたい。ゲストハウスとフリースクールをやりたい。5,6人くらい雇用を作れるようになりたい。」って話しました。すると、「軽く言うなよ、この野郎。その言葉に期待した人に失敗したときに責任とれんのか?おう??」って言われちゃいました。

 彼がなぜそう言ったのか僕にはわかりませんが、誰かに裏切られたことがあるんだろうなって推測しました。たしかに、自分が期待して裏切られたらそんな気持ちにもなるのかな。夢って語るべきじゃないのかな....と思ったりもしました。僕が志す教育分野は特に、そんな責任が大きい領域かもしれません。「日本の教育を変えたい。」待機児童問題、虐待、自殺、貧困、少年犯罪、、、、ほんと様々な問題が多いです。そんな分野で根を張り生きていこうとすると期待に応えられなかったとき失望する人がたくさんいると思います。でも思うんです。夢や希望は語ってなんぼや!と。

・情報は発信するところに集まる。

・課題解決には人数が必要。

という大前提に従っても夢は語るべきだし希望が人を動かすこと、それが生きる糧になることがたくさんあると思います。そんな中で「責任」っていう言葉で殺されちゃうとなんもできんわ!と思ったんです。僕がフリースクールや、教育分野で志を持って生きていくことは、もちろん課題意識や当事者性があるからです。でもその課題意識への期待に応えられるかなんてわからないし、応えられる自信があるわけもありません。だから、僕はあえて夢を軽く語っていこうと思います。

やりたいからやるんや。

王将が好きやから王将へ行く。自転車が好きやから自転車に乗る。それと同じ感覚で、「フリースクールをやりたいからやる。」「ゲストハウスをやりたいからやる。」と伝えていこうと思います。深く話したい、伝えていひとにはちゃんと伝えていこうと思ってます。妙なところで論争したいと思わないし、夢や希望を重たくしてしまうと語りにくくなってしんなりした世の中になっちゃうような気がします。

夢って軽くていいんじゃないの?

甘いかもしれへんけど、少しでも生きてるっていいな!を創るために、夢を軽く言えるような関係をいろんな人と築いていきたいなぁって思った夜でした。ほな!