読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ましおの生活観

ましおの生活の中のアレコレを書くだけのやつ。

写真の世界のこと。

おはようございます。

こんにちは。

こんばんは。

 

 

 

 

 

写真の世界に魅せられてるましおです。

 

 

 

 

写真には感情がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:mashio0376:20160818065245j:image

 

 

 

 

 

倉敷、猫の細道にて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この写真を見て、何を感じますか??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・猫の見てる先には、どんな世界が視えているのか。

・この写真を撮った時間は何時頃なんだろうか。

 ・普段はどこに住んでるんだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見方を変えるだけで、色んな写り方がしますよね?

 

 

 

 

 

 

 

その写真を見る、あなたの眼にしか写らない写真の世界がある。

 

 

 

 

 

 

 

それぞれにだけ、伝わってくる情景が感情を動かしてくる。

 

 

 

 

 

 

 

僕は、上の写真を見て切なくなりました。

 

 

 

 

 

 

朝8時半に、一人旅をしてる僕にはそんな風に感じ取れました。

 

 

 

 

家に帰りたいなぁってなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色んな情緒を動かしてくれる写真って、それ自身に感情を持ってるんじゃないのか?と思ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日常が彩りを持つ。

 

 

 

 

そもそも、なんで写真に取り憑かれているかというと。

 

 

先日、ハフィントンポストにてこんな記事を見つけました。

 

 

 

 

 

 

 

 http://m.huffpost.com/jp/entry/11492342

 

 

 

 

 

 

 

 

バレリーナが都会で舞ってみた、的な写真なんですが………

 

 

 

 

 

 

美しいんです。

 

 

 

 

 

 

f:id:mashio0376:20160818071922p:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:mashio0376:20160818071927p:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日常に非日常を織り交ぜる。

 

 

 

 

 

 

すると、

 

 

 

 

 

 

非日常が近く見える。

 

 

 

日常が彩りを持つ。

 

 

 

 

 

 

これが、素敵なんじゃないかなぁって思うです。

 

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に、日常が彩りを持つってことがいいんです。

 

 

 

 

 

 

 

日常って、何もないとつまんないじゃないですか。

 

 

 

 

 

 

特別なことが起きるわけでもないし。

 

 

 

 

 

 

 

でも、そんな世界に写真を通して非日常を持ち込むと日常が彩りを持つと、ちょいと楽しくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな写真って素敵だと思いませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真を撮りに行こう。

 

 

 

 

 

 

今度、スマホで京都の写真を撮る旅に出ようと思います。

 

 

 

 

 

お寺巡りとかのついでに。

 

 

 

 

 

 

 

よかったら、あなたも出かけませんか??

 

 

 

 

 

スマホ一つでも、楽しめる旅もありますよ( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほな( ´ ▽ ` )ノ