ましおの生活観

ましおの生活の中のアレコレを書くだけのやつ。

ジョゼと虎と魚たち、のこと。

おはようございます。

こんにちは。

こんばんは。

 

 

 

 

 

 

 

 

ましおです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アタイ、好きや。

あんたのことも、あんたのすることも好きや。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:mashio0376:20160630080801j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジョゼと虎と魚たち

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という映画の一コマ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 f:id:mashio0376:20160630081302p:image

 

 

 足が不自由なジョゼと、ただの大学生だった男が日々を紡ぐお話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思わず、うるっときましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんて言うんですかね、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別に当たり前のことかもしれませんが、

昔からよく弱い人に心が向くんです。

 

 

 

 

 

 

 

こないだも、

自転車で通り過ぎてしまったんだけど、

小学生が傘持ち遊びをしてました。

 

 

 

 

 

 

 

たぶん、あれはいじめだったと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

スーパーで会う足が悪いばーちゃんとは、唯一の近所で立ち話をする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんでかわからないが、いわゆる社会的弱者とかそーゆー部類のことにだけは感情が敏感なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だけど、この映画はずいぶん「ほっとする」ような

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悲しいんじゃなくて

 

 

 

 

 

 

 

 

安心したような

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな気持ちになった映画でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原作と映画は、結末が脚色の都合上ずいぶん違うらしいがそんなことはどっちでもいいくらい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日を生きてる中で、

 

 

息苦しいのは、

 

 

 

 

 

壊せずにいる、自分の内側の壁がたくさん感じる時で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな壁を、外から撃ち砕いて新しい素敵な世界を見せてくれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこには、愛が芽生えやすいんじゃなかろうかなと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幸せにするっていうことは、

 

 

 

 

 

 

 

誰かのその、

 

 

 

 

 

 

 

 

壊せずにいる、自分の内側の壁を

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外から壊してあげられることなのかなぁと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕も誰かをそんな感じで、 できたらいいなぁと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛とか、そーゆーの考えたいときにおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別角度から見ると、障害っていうテーマにも入りやすい映画だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見ながら寝てしまい、結末だけ朝見直しましたが

 

 

それでも、泣きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3回ぐらい、ラスト見ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それぐらいおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほな( ´ ▽ ` )ノ