ましおの生活観

ましおの生活の中のアレコレを書くだけのやつ。

憲法が変わっても戦争にならない?

ども、ましおです。

先日から北朝鮮によるミサイル発射によって、だんだんと戦争の足音が近寄ってきてる気がします。トランプ大統領の元、数年内には歴史の1ページが増えそうな予感。

日本も戦火に巻き込まれないかと言えば、例外じゃないなぁと思います。

 

でも、私にはできることなんてないし…と考えてませんか?

ありますよ。10/22に迫る選挙に一票を投じることです。

 

この本を読んで、f:id:mashio0376:20170924183731j:imageミーハーながら憲法について考えたことがあるのでシェアしたいなぁと思います。そんで、衆院選挙に一人でも足を運んだらいいなぁと思ってます。

 

迫る衆院選に向けて考えたい憲法問題3つほど

 

改憲したら僕らは戦争に行くのか?

答えとしては、NOじゃないかと。日頃から美味しいものを食べて、好き放題スマホで遊んでる僕らは、戦場に行ったところでミミズ以下。

そもそも日本は、軍事費で見ると世界4位!!※アメリカに貢いで守ってもらってる分も含む

改憲されて戦争ダァー!となっても、まずはプロである自衛隊が行くことになると思います。

 

②防衛しかできないなんて、嫌ですか?

よく憲法とかわかっていない僕らは、何となく「攻撃されるとかだけ反撃できて、脅威に対しては攻撃できない」と教え込まれています。今の憲法は、事実そう書いてあります。

でも、それって嫌だなぁ…と思う気持ちは僕もあります。北朝鮮がミサイル撃ってくるのに、やられるの待ちしかできないなんてオカシイ!

確かになぁ。。。と思います。

 

③じゃあ、改憲していいんですか?

これに関しては、僕はハッキリとNOを突きつけたい。

美徳だとか理想論だと怒られるかもしれないが、戦争になりうる事態が起きたとき、自衛隊に笑顔で胸張って、「いってらっしゃい!」なんて言えないからである。

改憲されたら、今までは行ってなかった自国の利益を守るための戦争にも行けてしまうのが嫌なのだ。

自衛隊に友達が何人かいる。それだけではないが、自国の利益を守る為に誰かを攻撃するくらいならば、やられる時にだけ必死に自国の領土を守るためだけの自衛隊でいいと思う。

それに、改憲されれば個人は、国家のための国民になる。今までの尊重されるべき個人はもういなくなる。

国家という権力者の守りたい単位を守る為だけに、国民は戦地に行くことになる。

安倍さんの守りたい国家ってのは、権力者の財産と土地だけなのだ。

 

そんな国家を守る為に、誰かを攻撃できる日本にしていいんでしょうか?

改憲されてしまえば、憲法はあなた自身や大切な人を守るものでなくなります。

人間が無くなるんだから。

 

 

まとめ

次の衆院選の焦点は、消費税の増税だとか何とか騒いでますが、本当の目的は改憲だと思ってます。

東京五輪も近づくし、改憲して一気に世界スタンダードの国にするで!とか意気込んでるんでしょう。

でも、一度立ち止まって考えてみてください。

改憲されて、本当にいいんでしょうか?

僕は、憲法に記されたままの平和主義の日本人でありたいです。

 

あなたも、読んだついでに色々と考えてみてくれませんか?

 

ほな。

 

 

改めて考えたい、「言葉にすること」の価値

どうも、お久しぶりのましおです。

 

個人的に、(通信課程の教職を放ったらかしで)んで一スタッフとして、めちゃくちゃ頑張り、そして楽しんだ夢フェス17ってイベントが終わりました。

※夢フェスとは、00年から続く「夢」をテーマに全国各地18〜30歳くらいがそれなりの数の人が集まって語り、遊ぶイベント

 

そんな中で、参加者の人から色んな意見をもらったり、ありがとうを伝えられたりして、言葉にすることの価値に、改めて出逢いました。

 

だから、またツラツラとくだらないことを記すましおのブログを再開しようと思います。

 

夢フェスで気付いた「言葉にすること」の価値3つほど

f:id:mashio0376:20170921224723j:image

 

①感情の整理になる。

僕らは日々、色んなことを感じながら生きている。その中で、なんとも言えない気持ちになることもある。嬉しいや、悲しいや、好きや嫌い、声にならない気持ちになることも。それを、噛み砕いて自分で理解するためには言葉が必要なんじゃないかと。

あぁ、こんなに好きだったんだ…なんて言葉は、至極ですね。あのとき、わからなかった気持ちがスーッと抜けて行く感じがたまらなく文学的。

 

②感動を共有できる。

感動は、自分の中にしまっておけばいいかもしれない。 でも、それを共有して共感してもらったとき、堪らなく泣けてしまう。夢フェスでもなんでも、頑張ってきたことに誇りを持たせてくれるのは、誰かのありがとうだったりする。夢フェス17のEDでも、まぁ泣いてしまった。言葉が届けてくれるのはきっと、言葉以上のものであり、それはきっと生きてる歓びを感じるために大事な感動なんじゃないかなぁ。

 

③なんだか、素敵なのだ。

言葉にするのは、なんだか「いい感じ」がする。手紙でも、LINEでも、電話でもいいんだが、自分で思ってるだけより、言葉にするのは、なんだか「いい感じ」がする。素敵な感じがする。彩りにあふれた言葉の中で暮らすのは、とても気持ちがいいと思っている。ボキャブラリーが豊富だと尚のこと。

 

 

まとめ

言葉にするのは、総じて良いことが多いかと。たまには、言葉にならないことの方がいい時もあるけど、それは非日常の話。

日常を豊かにするためには、言葉をたくさん使いたい。

そして、ボキャブラリーを増やす作業は創造的でおもしろい。と思っている。

 

日常がつまらないなぁ〜〜なんてときは、是非みんなにも「素敵な言葉」を探して使ってみてほしい。

そして、それを誰かと共有して嬉しいや楽しい、悲しいみたいな形容詞を感じてみてほしい。

 

 

と考えた。

 

 

ほな(´∀`)

 

 

非日常コンテンツで進化する子ども。

ども、ご無沙汰してます。ましおです。

久しぶりに考えたことが溜まってきたので備忘録として書きなぐろうかと。

 

非日常コンテンツで進化する子ども。

※非日常コンテンツっていうのは、今回は日常生活の中にはない場に出て1泊以上することを意味してます。

 

先日、働いてるフリースクールで修学旅行みたいなやつに行ってきたときに猛烈に感じたのが非日常コンテンツで子どもは進化するってことです。

f:id:mashio0376:20170715143509j:image

 これは行ってきた海の写真ですが、これも大事な要素。

 

 

日常生活では①家の中で、②家族や学校で、③誰かに決められたことをする。 

 

しかし非日常コンテンツでは、①自然の中で、②仲間と、③それぞれのペースで協働する。

すると、安心できる環境の中で自分で考えながら行動するしかない。

 

飯は自分で作らないと無い。

帰りたくても帰れる距離に家がない。

やることが特にないときは、何とかして遊ぶしかない。

頼りたくても、親はいない。

目にしたことがないものが沢山あるから、興味が刺激される。

 

そんな状況に置かれると自然と自分で考えて行動するしかないことになる。

 

これが子どもにとって、大きく変わるキッカケになるんじゃないかなぁと。

やったことない!→やってみた!

できなかった!→できた!

の体験が多く詰まってるのも非日常コンテンツのいいところ。

 

家以外のところで泊まった事ない子でも、泊まれたり、

料理できないと思ってた子が、皮むきを通して料理に関われた自信になったり。

 

他にも、釣りして釣れたり、恋バナしたり、焚き火をやったり。

 

人が育つためには、色んな刺激と反応を繰り返して紡いでいく過程が必要だと思ってます。

 

それが、短期間に新鮮で莫大な量の刺激を与えられる非日常コンテンツってすごいなぁ!って自分の目で見て思いました。

 

 

日焼けとともに文字通り一皮むけたんじゃないかなぁ。

 

 

 

こんなコンテンツ、できるのもフリースクールならではやなぁと思います。

 

今回の体験を使って、またどこがで非日常コンテンツを作れたら嬉しいなぁ。

 

読んでくれた人も、ついでに自分で非日常コンテンツを作ってみてください。

 

なんかスッキリするかもしれませんよ。

 

 

 

 

ほな(´∀`)

 

 

 

 

 

 

p.s.

 

久しぶり書いたらグズグズですんません。

 

教育屋さんの福祉問題、そして関係ない話も。

ども、挟まってるましおです。

f:id:mashio0376:20170619223332j:image

もちろん、麻生久美子さんかガッキーのどちらに想いを傾けるかも迷ってますが今日はそんな話じゃありません。

 

教育と福祉の狭間

フリースクールで働く中で、色んなこと学んでます。教育と福祉の関係性も一つ。

教育機会確保法が成立して、①休むことの必要性②学校以外の学びの場の2つが、国単位として認められるに至ったわけですが、②に該当するフリースクールNPOで公的な財源もないので学費をもらってます。私立の学校みたいなもんです。

そこで発生してる問題が、貧困家庭の①休むことの必要性を訴えてる子どもが②学校以外の学びの場に行けないってことです。

国単位では学校以外の学びの場を認めてくれても、タダではないから行けない❗️

つまりは、貧困家庭の子どもには、現実的に学校以外の学びの場は保障されてないということです。

これ嫌なんですよね。実際、周辺の人の話でも金銭的な理由で学びの場に辿り着けてないエピソードがゴロンゴロンしてます。学習支援や子ども食堂は、社会基盤として出揃ってきてる気配はありますが、自由な学びを題材にする学習環境の選択はまだまだやなぁという感じです。

そこで、やれたらええなぁと考えてるのがフリースクール奨学金(会費からの減免型)をどっかから財源作れたらなぁと考える日々。

でも、収入の審査とかは正直したくないと思うし、どの辺りの人たちまで間口を広げるのかって問題もあるから現実的には難しいところ。

教育屋さんとしては、たくさんの人が来て欲しいけど福祉屋さんではないのでどうしたらええかわからん。そもそも縦割りで物事を考えてる脳味噌があかんのかもしれん。なんとも倫理的な問題やら含んでて難しいけど、なんかの形で1年以内に取り組むべき課題として頑張ってみようと思います。

教育屋さんの福祉問題「自由な学びは、どこまでの人に届けられるのか」以上です。

 

 

関係ない話

人生でやりたかった仕事を今している。フリースクールの仕事。

欲しいものを買ったのに、まだ使いこなせてない感じ。

 

少し先がくぐもって見えないところに、少量の不安。

おいらも、人間だなぁと思ったり。

 飲みにいきたい。

 

ほな( ´∀`)

 

 

 

 

 

自由だ〜!の苦悩

どうも、自由のおじさん、ましおです。

写真の方は、ニューヨーク在住の自由の女神さんです。彼女ではありません。

f:id:mashio0376:20170601194829j:image

フリースクール生活は、とても充実してます。充実のあまり、疲れ果てて帰宅後すぐ寝る生活です。教職の勉強が進みません。困ったもんです。

自由なので、色んな能力が身につきます。※下記参照

5月にできるようになったこと
①網戸の張り替え
②ピアノで世にも奇妙な物語
③イチゴジャム
④イカダ作り
⑤山道の運転
⑥オムライスのふわとろ卵
⑦卓球でスマッシュ
⑧ココちゃんの散歩
ぐでたまのお絵かき

 

どんどん変な能力が身につきます。4月には2mの穴を掘ったりもしました。

 

 

 

大人が決める不自由

何をするにも、基本的に自由な子どもたちと遊んでると知らず知らずに大人の側面が出てきてしまいます。

こうした方がええで。です。

 

少年時代から、こいつが嫌いでした。自分で決めてないルールに従わないといけないとされつつも、言うことが違う大人さんが嫌でした。

それになりつつあるなぁと、気付きました。

 

7月くらいに、みんなで修学旅行みたいなことをしよう!ってなことで企画をしてるんですが、何時に起きるかとか僕が決めてしまってたんです。これでは、フリースクールではないなぁって考えました。

教育のゴールって、自分で決めて自分でやる人に育つまで寄り添うことやと思ってます。

それやのに、ゲームする時間とか、なんやする時間まで僕が決めちゃったら子どもたちが自分で決める機会を奪ってるなぁと。

また次の話し合いで、起きる時間とか決めてもらおうと思います。

 

 

 

フリースクールの主役は、子ども

フリースクールの原点は、やはり自由にあると考えてます。色んな環境の中で、大人が掲げる色んな正義の間で、子どもの心は揺れ動きます。

例えるならば、学校に行かなくていいと言うお母さんと、行った方がいいと言うお父さん。子どもとしては、どちらの意見も聞きたいから彷徨います。

その中で、大事なのが自分で決めることやと思います。

いつか大人になった時、自分で決めて進んで行かないと辛い世の中です。事情を知らない他者は忖度なんてしてくれません。

自分の足で進んでほしいからこそ、その背中を推す自由のおじさんになれるよう精進したいなぁ。

 

 

っていう話。

ほな( ´ ▽ ` )

 

社会人生活1ヶ月を過ぎて思うところ4つくらい。

ども、全然更新しなくなったましおです。

社会人ってのは、学生と違ってコントロールできる時間が短くなるので否が応でも日々がハイスピードで駆け抜けていきます。f:id:mashio0376:20170508161120j:image

でも、休日はしっかりあるので楽しんでます。ボクシング観戦したり、ツーリングしたり、サイクリングしたり、店の改装手伝ったり、北陸旅行したり。f:id:mashio0376:20170508161146j:imagef:id:mashio0376:20170508161235j:imagef:id:mashio0376:20170508161205j:image

あ、ふくろうカフェも行きました。可愛いですねぇ。f:id:mashio0376:20170508161254j:image

そんな日々の備忘録に4つくらい思ってるところを記しておこうかと。

 

1.働くことが楽しい。

雇われたくない、人に指図されたくない、上司なんて死んでしまえ!とか学生の頃は、ちょっと思ってました。自由に働くフリーランスが最高だ!株とかやって不労所得でガッポガッポ稼ぐんだ。がかっこいい〜〜なんて時もありました。

ところがどっこい。働くのは楽しいです。人と協働しながら、なんかやってくってこと自体。しかも、不労所得でやっぽい!!なんて子より人間力も磨かれるし、仕事でしか磨かれないものは確かに存在すると思います。

もちろん職場にもよるけどね。働くという行為そのものは楽しいなぁって感じてます。

 

2.教養のある遊びが面白くなってくる。

ウイスキーにハマってます。種類から歴史から飲み方から、色んなことが勉強になる。それを知ると人に伝えたくなる。その分野から、新しい人と繋がっていく。それが楽しい。

教養のある遊びが面白く感じられるのは、勉強しなくてよくなった反動なのかなぁ。

 

3.金がないときの遊びこそボランティア。

交通費がもらえて土日が潰れて、それなりに楽しい。そんな素晴らしい遊びがボランティア。

家にいるよりよっぽど充実するし、もしかしたら出会いがあるかもしれない。お金を使う遊びも、もちろん楽しくて素敵。しかし、本当の大人の遊びは、金を使うことだけじゃないと思うのである。

 

4.やっぱ金はあった方がいい。

学生の時は、多少所得が低くても…と思っていた。今もそれは変わらない。しかし、最低限ってところがある。

今、僕は車が欲しい。たぶん、半年本気で貯めれば買える。※バイクあるから買わないけど。

やはりお金はあって、困らないなぁとつくづく感じている。

大人の暇な時間を潰すのには、お金がないと辛いものなのかもしれない。

 

まぁ、ざっと社会人生活1ヶ月経った坊主はこんな調子です。5月からいよいよ佛教大学の勉強もしないといけないし大変。

それでも、それなりに楽しんでいきますよ。

学生の人へ

大人になっても遊べるよ。仕事選べば。

ほなヽ(*´∀`)

 

 

bad habit weekend.

新生活が始まって2週間。

心と身体のエネルギー値がアンバランスな日々。当たり前やけど、学生の時よりも体力と精神力を消耗する。その中で、学生の時ぐらい動けると思って起きようとすると無意識が「あかんで、無理やで」と休暇申請してくるような状態に。

平日は仕事があるから、身体が自然と動くけど休日になるとまさにbad habit weekend仕様に早変わり。

f:id:mashio0376:20170416094333j:image

朝は起きられへんし、抱えてるタスクはパソコンの中は隠してソファの上で3カウントノックアウトです。

遊びに行く予定に行く体力はあるのにね。笑

 

こうなってくると、いよいよポンコツ化していくしかない。そんな時は、いよいよ習慣改善の出番。年に何回か、脳みその端っこから取り出してきて使うこの知識を記録ついでに残しておこうと思います。

 

目的に「休日に、やるべきことをやれるようにスイッチをつくる。」を据えていくつかやってみようと思います。

 

①ラジオ体操から始まる休日。

まずは、ベットから抜けるために身体を動かすスイッチ作り。ラジオ体操でもして、あちこちを伸ばしてみようかと。

 

②BGMは東京スカパラに。

オカンの怒鳴り声でやばい!と思うように、東京スカパラでタスクやろう!と思う仕組みを作ろうと思います。サンボマスターウルフルズだと、身体動かしたくなって座れなくなるからね。

 

③家でダメな時は、マックはGO。

人間いくらやってもダメな時はある。家ではぐーたらしてしまう時は、近所のマックはパソコン持って行って終わるまで帰らないということにしよう。

 

 

……とりあえず、これでなんとかなるかなぁ。習慣化のコツは、スイッチ作りですからね。たぶん、いけるでしょう。

習慣化について困ってる人は一緒に考えますよ〜。人に言ってしまえば、自分もやるしかないですからね。来たれ、good habit weekend。

ほな。